NEWS

20超の疾患と細菌の関連性をシングルセル解析する大規模研究を開始

bitBiomeでは、がん、腸内疾患、自己免疫疾患、神経精神疾患などを含む20を超える疾患について患者様の便および唾液サンプルを取得し、疾患と微生物の関連性を明らかにする大規模研究を開始します。

当該研究において、従来から使用されている16S rRNA、ショットガンメタゲノム解析に加え、弊社独⾃のシングルセルゲノム解析プラットフォームbit-MAP®を⽤いることにより、種々の疾患と腸内細菌および⼝腔内細菌の関連性を明らかにします。 なお、患者検体については株式会社QLifeと協⼒し、同社のパネルに登録いただいている患者様から取得いたします。 疾患ごとに、医薬品研究開発・新規バイオマーカー探索を⽬指したパートナリング/共同研究、解析データの共有および独占販売などを検討しております。

bitBiome株式会社は、弊社のMissionである “Unlock the Potential of Microbes” の実現に向けて共に歩んでくださるパートナー企業様・アカデミア様をお待ちしております。ご興味ございましたら、こちらまでご連絡お願い致します。
info@bitbiome.co.jp

BACK TO LIST